ミッドウェー海戦75年で式典 米退役軍人「日本と平和を」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 3日、ワシントンで開かれたミッドウェー海戦の記念式典に参加する退役軍人ら(共同)

 【ワシントン共同】米首都ワシントンの第2次世界大戦記念碑前で3日、太平洋戦争のミッドウェー海戦から75年に合わせた記念式典が開かれ、100人近くの退役軍人や家族が集まった。退役軍人の一人は「日米の若い世代に将来の平和を守ってほしい」と語った。

 1941年12月の旧日本軍による真珠湾攻撃から半年後の42年6月、日米は北太平洋上のミッドウェー島を巡り衝突。米軍は旧日本軍の空母4隻を沈め、戦局を大きく変える転換点となった。