トライアスロンで男性死亡、栃木 水泳競技中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 4日午前7時45分ごろ、栃木県栃木市の渡良瀬遊水地で、「2017彩の国トライアスロンイン加須大会」の水泳競技中に、埼玉県春日部市千間1の47、会社員藤井聖仁さん(50)が水面に浮かんでいるのを監視中の大会スタッフが発見した。藤井さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 栃木署によると、藤井さんは大会スタート約10分後、1・5キロの水泳競技コースの約350メートル地点で発見された。同署が詳しい事故原因を調べている。

 大会事務局によると、藤井さんは「スイム」「バイク」「ラン」合わせて51・5キロのコースに参加していた。