長時間労働、恋愛にも影 7割超「支障」、民間調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 長時間労働が原因で恋愛に支障を来した人が70%以上―。民間の結婚相談所が月平均40時間を超えて残業をしている男女を対象に実施したアンケートでこんな結果が出た。長時間労働が健康面だけでなく私生活にも大きな影響を及ぼしている実態が浮き彫りになった。

 調査したのは「パートナーエージェント」(東京)。今年3月、20~59歳の男女を対象にインターネットで実施し、220人から回答を得た。

 残業が交際に影響を与えたかを聞いたところ、問題が生じた人は有効回答者のうち72・1%に上った。