読売新聞での発信当然と高村氏 首相改憲案巡り自民副総裁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の高村正彦副総裁は4日、山口市での党会合で、安倍晋三首相が憲法9条への自衛隊明記を掲げた憲法改正案を読売新聞のインタビューで表明したことは当然だとの見解を示した。「国民全体に働き掛けるには、日本一の発行部数の新聞で発信するのが最も良い」と述べた。

 石破茂元幹事長が、首相は党機関紙などで発表した方が良かったと疑問を呈しており、けん制した発言だ。

 高村氏は首相提案を踏まえ、党改憲案の年内策定を目指す考えも表明。民進党の蓮舫代表が自衛隊は合憲だとして首相提案を批判したことを念頭に「自衛隊は違憲だと言う共産党と(次期衆院選で)なぜ共闘できるのか」と語った。