バスケ男子日本4強、アジア杯へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本―マカオ 第3クオーター、シュートを決める田中=長野市ホワイトリング

 バスケットボール男子の東アジア選手権第2日は4日、長野市ホワイトリングで1次リーグが行われ、A組の日本はマカオに119―47で大勝、2連勝で同組1位を確定し、6日の準決勝に進んだ。今大会の上位5チームに与えられるアジア・カップ(8月・レバノン)の出場権も獲得した。

 日本は第1クオーター終盤に田中(A東京)が攻守で活躍して流れを引き寄せ、25―15と先行。第2クオーターも馬場(筑波大)のダンクシュートなどで波に乗ると、6選手が2桁得点してマカオを圧倒した。

 B組では中国が90―60で香港に快勝し、2連勝で同組1位での4強入りを決めた。