香港で天安門事件の追悼集会 学生会は独自に討論会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 天安門事件から28年、香港で開かれた犠牲者追悼集会でろうそくをともす人たち=4日夜(共同)

 【香港共同】中国当局が学生らの民主化運動を武力弾圧した天安門事件から28年となったのに合わせ、香港中心部のビクトリア公園で4日夜、毎年恒例の追悼集会が開かれ、参加者らはろうそくを手に犠牲者を悼んだ。

 各大学の学生会は、昨年に続き集会への不参加を表明、独自に討論会を開催するなどした。2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」が成果なく幕引きとなって以降、香港の若者の間では、中国の民主化より香港の民主化を優先すべきだとの意識が高まっている。

 追悼集会に参加した販売員の女性、鐘秀恵さん(26)は「中国共産党の強大な政権に対して力を合わせるべきだ」と強調した。