日本、17年は1・5%成長 世銀が予想を上方修正

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】世界銀行は4日、最新の世界経済見通しを発表した。2017年の日本の実質成長率を1・5%と見込み、1月時点に比べ0・6ポイント上方修正した。世界経済の回復に伴う輸出増が景気を支えると予測した。世界全体の成長率予想は従来の2・7%に据え置いたが、米国の経済政策が不透明なことから「先行きのリスクは多い」と指摘した。

 日本の成長率は推計1・0%だった16年から上昇する。世銀は18、19年の見通しも上方修正したが、成長率は17年を下回り、消費税率が10月に10%に引き上げられる予定の19年は0・6%成長にとどまると予想した。