ボウリング球投下疑い小学生送致 4、5年生の男女3人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府和泉市の集合住宅11階から地面へボウリング球を投げ落としたとして、和泉署は5日までに、軽犯罪法違反などの疑いで府内の9~11歳の小学4、5年生の男女計3人を補導し、児童相談所へ書類を送致した。

 落下地点に人はおらず、けが人はいなかった。和泉署は当初、殺人未遂容疑で捜査したが、周辺の防犯カメラ映像から児童らが浮上。3人は「落としたらどうなるか興味があった」などと話しており、人を狙ったものではなかったと判断した。

 同署によると、5月14日午後2時55分ごろ、集合住宅に侵入し、球を11階の共用部分から投げ落とした疑い。