千葉・房総沖にレアメタルの岩石 広がり、東京都半分ほどか

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 房総半島沖の海底から採取した厚さ13センチの「コバルトリッチクラスト」=5日午後、文科省

 海洋研究開発機構や茨城大、高知大などのチームは5日、レアメタル(希少金属)を含む岩石「コバルトリッチクラスト」が、千葉県・房総半島の東約350キロの海底に広がっているのを確認したと発表した。面積は東京都の半分ほどの約950平方キロと推定した。

 チームは4月、無人探査機「かいこう」で、海底の山の尾根を水深約1500メートルから約5500メートルまで調査。一面にコバルトリッチクラストが広がっていたため、山全体がほぼ覆われていると推定した。厚さ13センチの岩石も採取した。

 コバルトリッチクラストにはコバルトのほか、ニッケルや白金などが含まれている。