逮捕の中3、ウイルス3日で作成 無料ソフト使い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「ランサム(身代金)ウエア」と呼ばれるウイルスを作成したとして、不正指令電磁的記録作成などの疑いで神奈川県警に逮捕された大阪府高槻市の中学3年の男子生徒(14)が「自分のパソコンを使って約3日でウイルスを作った」と話していることが5日、県警への取材で分かった。

 県警によると、男子生徒は小学5年のころ、パソコンの組み立て教室に参加するなどしていた。今回のランサムウエアは、複数の無料の暗号化ソフトなどを組み合わせたもので、独学で作成方法を身に付けたとみられる。