小惑星名に「岡垣町」、福岡 "北斗の水くみ"で観光振興の町

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 火星と木星の軌道間に存在する小惑星が、福岡県岡垣町にちなみ「okagakimachi」と命名された。同町は、北斗七星が海の水をくむように見える「北斗の水くみ」と呼ばれる現象を観測でき、観光振興に生かしてきており、関連イベントに合わせ発見者が命名した。

 小惑星は直径約6キロで、太陽の周りを約3・5年かけて1周している。1993年に札幌市厚別区のアマチュア天文家渡辺和郎さん(62)らが発見したが、名前は付けられていなかった。今年10月に岡垣町で開催されるイベントの実行委員が命名権を持つ渡辺さんに要請し、国際天文学連合への申請を経て4月に認定された。