サッカー日本代表が本格始動 W杯アジア最終予選に向け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 W杯アジア最終予選のイラク戦に向け調整する日本イレブン=東京都内

 サッカー日本代表は5日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦(13日・テヘラン)に向け、東京都内で本格始動した。今野(G大阪)や山口(C大阪)ら国内組の11人が合流し、冒頭以外を非公開として調整した。

 5月28日から行われていた海外組の合宿にバックアップメンバーとして参加していた宇佐美(アウクスブルク)が追加招集となり、今回のメンバー26人がそろった。

 7日には東京・味の素スタジアムでシリア代表と国際親善試合を行う。