トーハン、6年以上貸し渡し 「週刊新潮」の中づり広告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 出版取次業大手トーハン(東京)が発売前の「週刊新潮」(新潮社)の中づり広告を、ライバル誌「週刊文春」を発行する文芸春秋に渡していた問題で、トーハンは5日、2011年春から6年以上にわたり、ほぼ毎号の中づり広告を貸し渡していたとする社内調査の結果を公表した。

 社内調査によると、週刊新潮の中づり広告は03年4月ごろから、販売促進の材料として、発売日の2日前に納入されていた。05年以降には「自社は校了後であり内容変更できない」などと話す文芸春秋の営業担当者の求めに応じ、中づり広告の内容をメモに取ることを黙認し、さらに11年からは貸し渡していた。