11カ国でTPP実現目指す 首相、ベトナム投資会合で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「ベトナム投資カンファレンス」に出席し、笑顔でベトナムのグエン・スアン・フック首相(右)と握手する安倍首相=5日午後、東京都内のホテル

 安倍晋三首相は5日、東京都内で開かれた「ベトナム投資カンファレンス」であいさつし、米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)について「11カ国でその実現を目指す」と述べた。来日しているベトナムのグエン・スアン・フック首相もTPP促進や日本との関係強化の重要性を指摘した。

 TPPは米国が1月に離脱したことを受け、発効が見通せなくなった。このため、日本やベトナムなど残った11カ国が発効に向けた方策の協議を進めている。

 安倍首相は「日本とベトナムは連携して、自由経済を着実に前進させていく」と言及した。