眞子さま、「農業の父」訪問 ブータンで功績に触れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ブータンの「西岡ミュージアム」を訪問された眞子さま=5日、パロ(共同)

 【パロ共同】ブータンの西部パロを訪れている秋篠宮家の長女眞子さまは5日、ブータンの農業の発展に貢献した故西岡京治氏(1933~92年)の功績を紹介する「西岡ミュージアム」を訪問された。

 西岡氏は1964年、国際協力機構(JICA)の前身組織から農業指導者として派遣され、28年間にわたって野菜栽培の普及などに尽力。現地では「農業の父」と呼ばれている。

 眞子さまは、出迎えた青年海外協力隊員らに「頑張ってください」と声を掛け、展示している写真やパネルなどを興味深そうに見ていた。現地で亡くなった西岡さんをたたえるために建てられた仏塔にも訪れた。