首相、「一帯一路」構想を評価

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 国際会合での講演で、中国が推進する「一帯一路」に関して意見を述べた安倍首相=5日午後、東京都内のホテル

 安倍晋三首相は5日、東京都内の会合で講演し、中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関し、条件が整えば協力すると表明した。構想には潜在的な可能性があると評価し、国際社会との協調を条件に挙げた。協力を公式に表明したのは初めてとみられる。7月のドイツ開催を調整する日中首脳会談の実現に向け中国側の融和姿勢を引き出し、中国に接近する米国に乗り遅れないよう布石を打つ狙いがありそうだ。

 首相は講演で、一帯一路は「多様な地域を結びつけるポテンシャルを持った構想だ」と述べた。一方で「透明で公正な調達によって整備されることが重要だ」と指摘した。