加計理事長が政府専用機に 安倍首相のミャンマー訪問同行

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 外務省の志水史雄大臣官房参事官は5日の衆院決算行政監視委員会で、学校法人「加計学園」(岡山市)の加計孝太郎理事長が友人である安倍晋三首相のミャンマー訪問に同行し、同国内を移動する際、政府専用機に同乗していたと明らかにした。

 ミャンマー訪問は2013年5月。志水氏は経済ミッションが理由だとした上で「訪問国への協力の効果を上げるため、民間企業や大学などの関係者に幅広く声を掛けた」と説明した。

 政府専用機の搭乗は、他の同行者と一緒で、ヤンゴンから首都ネピドー間だった。所定の運賃も徴収したとした。