米南部で発砲、5人死亡 容疑者の男は自殺

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米南部フロリダ州オーランド近郊に集まった警察当局者ら=5日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州オーランドの警察当局によると、オーランド北東部の自動車部品関連の会社で5日朝(日本時間同日夜)、元同社社員の男(45)が発砲し、社員ら5人が死亡、7人が負傷した。容疑者の男は銃で自殺した。

 男は4月に同社を解雇されていた。警察当局は動機を詳しく調べるが「現時点で国際的なテロとは無関係とみている」と明らかにした。現場は自動車の整備工場や倉庫などが集まる地域。近くに大学もある。

 オーランドでは昨年6月、ナイトクラブで銃乱射事件があり、米史上最悪の49人が犠牲となった。