個人情報漏れ165件 16年度マイナンバー法違反

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 政府の個人情報保護委員会は6日、個人情報漏れなどのマイナンバー法違反または違反の恐れがある事案が2016年度に計165件報告されたと明らかにした。いずれも情報悪用の被害は確認されていないという。地方自治体がマイナンバー記載の書類を誤って別人に送ったり、交付したりした例が多かった。

 この日閣議決定した年次報告によると、165件の内訳は、都道府県や市町村といった自治体が70機関92件と最多で、民間が43事業者60件、国の行政機関が2機関11件、独立行政法人などが2機関2件と続いた。委員会は、漏らした自治体などに再発防止に向け指導した。