民進、法務委員長解任案を提出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 参院法務委が流会し、退席する金田法相=6日午前

 民進党は6日、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議を巡り、参院法務委員会の運営が強権的だとして秋野公造委員長(公明党)の解任決議案を提出した。6日の法務委の審議は見送られた。民進党の山井和則国対委員長は記者会見で、安倍政権が学校法人「加計学園」(岡山市)問題で「真相究明を拒否している」として、内閣不信任決議案の提出を検討していると明らかにした。

 山井氏は不信任案提出検討の理由について、安倍晋三首相の友人が学園の理事長を務めていることを踏まえ「政権の隠蔽、お友達優遇政治の罪はますます深まった」と批判した。