山手線客室内に防犯カメラ設置へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 山手線

 JR東日本は6日、山手線の全車両の客室内に防犯カメラを設置すると発表した。セキュリティー向上や犯罪抑止などが目的で、常時録画する。2018年春から設置し、東京五輪・パラリンピックが開催される20年までに完了する予定。JR東の冨田哲郎社長は記者会見で「車内での犯罪や迷惑行為が目立っている。テロの未然防止のためにも必要だ」と述べた。

 JR東は、痴漢対策として埼京線の一部車両に既に防犯カメラを設置しているが、首都圏の通勤電車に本格導入するのは初。冨田社長は山手線以外への導入も進める考えを示したが、プライバシー保護の観点から懸念の声も出そうだ。