国交省の土地情報20万件流出か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国土交通省は6日、不動産取引に関する情報を掲載している「土地総合情報システム」が不正アクセスを受け、取引価格アンケートの回答や登記情報が最大約20万件流出した可能性があると発表した。2日に回答システムを緊急停止し、流出の有無や不正アクセスの経緯を調べている。これまでに被害や苦情の申し出はないという。

 流出した恐れがあるのは4月7日から6月2日までの土地取引に関するアンケートのウェブ回答分で、最大4335件。個人や法人の名称と取引価格、契約日などを含む。

 このほかシステムに蓄積していた最大19万4834件の登記情報も漏れた可能性がある。