静岡県知事選8日告示 川勝氏に元五輪選手挑む

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 任期満了に伴う静岡県知事選は8日告示される。3選を目指す無所属現職の川勝平太氏(68)にバルセロナ五輪女子柔道銀メダリストで無所属新人の溝口紀子氏(45)が挑む構図となる見通し。2期8年の川勝県政への評価が争点で、投開票は25日。

 民進党県連や連合の支援を受ける川勝氏は、10年間で達成予定だった総合計画を8年で成し遂げたと強調。「静岡県を世界展開する」と訴える。投票率が50%に達しなければ、当選しても辞職すると4月に表明したが、2週間後に撤回した。

 溝口氏は、県と政令市である静岡市の二重行政解消策を巡る対立で両者の関係が悪化していると指摘している。