全仏テニス、オスタペンコが4強

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 女子シングルス準々決勝 キャロライン・ウォズニアッキと対戦するエレナ・オスタペンコ=パリ(共同)

 【パリ共同】テニスの四大大会第2戦、全仏オープン第10日は6日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準々決勝で世界ランキング47位の19歳、エレナ・オスタペンコ(ラトビア)が第11シードで元世界1位のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に4―6、6―2、6―2で逆転勝ちし、四大大会初の4強入りを果たした。

 第30シードのティメア・バシンスキー(スイス)は第13シードのクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)を6―4、6―4で破り、2年ぶりに進出した準決勝でオスタペンコと当たる。