ソフトBと鳥栖コラボユニホーム 「鷹の祭典」のデザイン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロ野球のソフトバンクとサッカーJ1鳥栖は6日、ソフトバンクの恒例イベント「鷹の祭典」のデザインに合わせ、白が基調で赤の縦じまが入ったユニホームを、鳥栖が8月19日の大宮戦(ベアスタ)で着用すると発表した。来場者にはサッカー用のユニホームを配布する。

 ソフトバンクの今宮は記者会見で「今年は鷹の祭典から続けて勝てるように頑張りたい」と話した。今季鳥栖に加入したMF原川は「ボタンが入っているのは新鮮。去年は勝ったそうなので続けられるようにしたい」と意気込んだ。