稀勢の里、名古屋場所に向け稽古 左おっつけも「少しずつ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ゴムチューブを使い、痛めた左上腕のトレーニングをする稀勢の里=6日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 左上腕付近の負傷のため、5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里は6日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での朝稽古後、名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)に向け「やれることをやる。少しずつ」と話し、慎重に調整していく意向を示した。

 5日に稽古を再開し、ゴムチューブを使っての運動など患部のトレーニングに時間を割いている。6日は夏場所でほとんど繰り出せなかった武器の左おっつけを、三段目力士に対して試した。ただ時折、表情をゆがめて「あー」と声を発する場面もあるなど万全ではなく、懸命に試行錯誤を重ねている。