ビッグデータに独禁法適用 囲い込みや不当収集防止

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 公正取引委員会は6日、個人や産業活動が生み出す膨大な情報「ビッグデータ」について、企業がデータを囲い込んだり、消費者や取引先から不当に収集したりした場合に、独占禁止法を適用する考えを公表した。企業にとってデータの集積や活用の重要性が増す中、競争がなくなり消費者が不利益を受けないようにするのが狙い。

 公取委は、有識者会合でビッグデータと競争政策の在り方を検討。6日に公表した報告書では、米会員制交流サイト(SNS)のフェイスブックや米検索大手グーグルなどを念頭に「大量のデータが一部の事業者に集中しつつある。消費者の利益が損なわれる場合は対応が必要」とした。