香港機、航空図忘れ引き返す 小松行きのチャーター機

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【香港共同】今月1日に運航した香港発小松行きのキャセイドラゴン航空のチャーター機(乗客155人)で、操縦士が飛行途中に小松空港(石川県小松市)の航空図を忘れたことに気づき、香港国際空港に引き返していたことが明らかになった。6日付の香港各紙が伝えた。

 同機は約4時間遅れで小松空港に無事到着。ドラゴン航空は乗客らに謝罪した。航空図は空港の地理情報などを掲載している。航空関係者は「操縦士が航空図を忘れるなんて聞いたことがない」と話している。