仙台自殺、消しゴムのかすを髪に 中2いじめ全校アンケート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いじめ被害を訴えていた仙台市立折立中2年の男子生徒(13)が4月に自殺した問題を巡り、全校生徒を対象に市教育委員会が行ったアンケートに、生徒が消しゴムかすを髪の毛に乗せられるなどのいじめを受けていたとの記述があったことが6日、遺族関係者への取材で分かった。

 アンケートは5月上旬に実施。市教委は概要を近く市議会に説明する予定。

 特定の部活動の生徒が中心になっていじめをしていたとも書かれていた。自殺した当日の様子については「普段と変わらない様子だった」との回答がある一方、「顔色が悪くてフラフラしていた」と答えた生徒もいたという。