牛乳で370人体調不良、茨城 学校給食で異臭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 茨城県教育委員会は6日、県内の5日の学校給食で、牛乳から異臭がするなどの訴えが相次ぎ、379人が吐き気などの体調不良を訴えたと明らかにした。いずれも軽症。うち2人は医療機関を受診したという。

 県教委によると、県内8市町の小中計60校と県立の特別支援学校1校の児童や生徒ら計3700人以上が、「消毒臭がする」「水っぽい」などと訴えた。牛乳は200ミリリットルの紙パックで、水戸市に工場がある「いばらく乳業」が県内16市町村の298校に供給していた。