5人に放射性物質付着、外傷なし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」=6日夕、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

 6日午前11時15分ごろ、茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」の燃料研究棟で、男性作業員5人が機器の点検中、手袋や靴に放射性物質が付着した。5人に外傷はなかったが、うち3人の鼻の中からアルファ線を出す放射性物質が最大で24ベクレル検出された。機構は「微量とは言えないが、ただちに健康に影響はない」とし、内部被ばくの有無を確認している。外部への影響はなかった。

 作業員は20~50代で、放射性物質の飛散を防止する室内で貯蔵容器を開けると、中のビニールバッグが破裂。入っていた放射性物質300グラム弱の一部が漏れたとみられる。