バスケ、日本は台湾に敗れ3決へ 男子東アジア選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 台湾に敗れ肩を落とす富樫(左から2人目)ら日本=長野市ホワイトリング

 バスケットボール男子の東アジア選手権第4日は6日、長野市ホワイトリングで行われ、準決勝で日本は台湾に73―78で敗れた。7日の最終日は3位決定戦で中国と対戦する。決勝は韓国―台湾の顔合わせに決まった。

 日本は序盤から攻撃が停滞し、前半で26―40とリードを許した。後半に比江島(三河)らの得点で追い上げたが、ミスで流れを手放した。

 準決勝のもう1試合は韓国が延長の末に106―104で中国に競り勝った。5、6位決定戦は香港がマカオを96―81で下し、今大会の上位5チームに与えられるアジア・カップ(8月・レバノン)の出場権を獲得した。