平野7位、張本39位に上昇 卓球世界ランキング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 平野美宇

 国際卓球連盟は6月の世界ランキングを6日に発表し、5日に閉幕した世界選手権個人戦女子シングルスで日本勢48年ぶりの3位となった平野美宇(エリートアカデミー)が一つ上がり、自己最高の7位に入った。石川佳純(全農)は6位で変わらず、日本選手の最高位。伊藤美誠(スターツ)は10位だった。

 男子はシングルスで史上最年少の13歳で準々決勝に進んだ張本智和(エリートアカデミー)が69位から39位に大きく上昇した。同じくベスト8の丹羽孝希(スヴェンソン)は二つ上げて自身初の1桁順位となる9位。日本勢トップは水谷隼(木下グループ)の6位で変わらない。(共同)