日越、TPP発効へ協力 南シナ海「深刻な懸念」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 共同記者発表するベトナムのグエン・スアン・フック首相(左)と安倍首相=6日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

 安倍晋三首相は6日、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。会談後に共同声明を発表し米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)について「迅速に発効させるため、協力すると一致した」と明記した。中国が軍事拠点化を進める南シナ海について「事態の展開に深刻な懸念」を表明した。

 2人の会談は1月のハノイ以来。会談後の共同記者発表で安倍首相は南シナ海問題に関して「軍事化を含む一方的行動の自制の重要性について認識を共有できた」と強調した。

 両首脳は会談で自由で公正な貿易を推進することで一致した。