福井県知事、もんじゅ廃炉を容認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 高速増殖原型炉もんじゅの廃炉の進め方などに関する協議会に臨む福井県の西川一誠知事(左端)と敦賀市の渕上隆信市長(左から2人目)ら=7日午前、首相官邸

 政府は7日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉の進め方や地域振興策を地元に説明する関連協議会を官邸で開いた。福井県の西川一誠知事は「もんじゅが廃止措置に移行することはやむを得ない」と述べ、廃炉を容認する考えを示した。政府は廃炉に伴う使用済み核燃料を、県外に搬出する方向を打ち出した。ただ搬出先は明示しなかった。

 政府は昨年12月に廃炉を決めたが、西川知事は核燃料の搬出方針が明確ではないと反発し、廃炉を容認していなかった。政府は地元の理解を得たことで、廃炉作業を進める考えだ。