参院、法務委員長解任案を否決 共謀罪、与党あす審議再開も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 参院本会議で自身の解任決議案が否決され、議場に一礼する秋野公造法務委員長=7日午前

 参院は7日午前の本会議で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の委員会審議を巡り、秋野公造法務委員長(公明党)に対する解任決議案を自民、公明両党と日本維新の会などの反対多数で否決した。与党は8日に法務委の審議を再開させたい考え。国会会期末が18日に迫る中、小幅延長論も出ている。野党は廃案を訴え、攻勢を強める考えだ。

 与党は審議時間を積み上げて法務委で改正案を可決し、来週中に参院本会議で採決、成立させる方針。自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は東京都内で会談し、会期内成立を目指す方針を改めて確認した。