全国市長会、税財源の充実求める 新会長に山口・防府の松浦氏

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 全国市長会の新会長に選出され、あいさつする松浦正人・山口県防府市長=7日午前、東京都千代田区

 全国市長会は7日、東京都内で総会を開いた。自治体の税財源の充実強化や地方創生の推進を求める決議を採択、新会長として松浦正人・山口県防府市長を正式に選出した。

 来賓として出席した安倍晋三首相は「秋田の竿灯まつり、徳島の阿波おどりを巡るクルーズ船が人気となるなど地方にも新たなチャンスが生まれている。地方創生のチャレンジには耳を傾け、支援する」とあいさつした。

 決議は、自治体全体の基金残高の増加を理由に地方交付税の削減を探る政府内の議論に「地方財政の実態を踏まえておらず、国財政の健全化を優先した地方歳出の削減は容認できない」と反論した。