野球、立大や和歌山大など8強

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 岡山商大を破り、喜ぶ和歌山大ナイン=神宮

 全日本大学野球選手権第3日は7日、神宮球場などで2回戦6試合が行われ、51年ぶり出場の立大(東京六大学)初出場で国立大の和歌山大(近畿)などが準々決勝に進んだ。

 立大は0―2の七回に大東の同点2ランなどで6点を奪い、6―2で富士大(北東北)を下した。和歌山大は貴志が1失点で完投し、4―1で岡山商大(中国)を破った。九産大(福岡六大学)は四国学院大(四国)に2―1でサヨナラ勝ち。国際武道大(千葉)天理大(阪神)東海大北海道(札幌)もベスト8に勝ち上がった。

 準々決勝は8日に神宮球場で行われる。