WBC王者の山中、V13戦へ 8月15日に日本記録懸かる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 山中慎介

 ボクシングの帝拳ジムは7日、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が8月15日に島津アリーナ京都で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)を相手に13度目の防衛戦を行うと発表した。

 34歳の山中は防衛に成功すれば、具志堅用高が世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級で記録した世界王座13連続防衛の日本記録に並ぶ。