5月の月間MVPに菅野、則本ら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 5月の月間MVPに選ばれ、ポーズをとる巨人・菅野=東京ドーム

 セ、パ両リーグは7日、5月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは菅野投手(巨人)とビシエド外野手(中日)、パは則本投手(楽天)とレアード内野手(日本ハム)が選ばれた。菅野が3度目で、他の3選手は2度目の受賞。

 菅野は5月2日のDeNA戦でセでは28年ぶりとなる3試合連続完封を達成するなど、リーグ最多タイの3勝。ビシエドはリーグトップの25打点を挙げた。

 則本は4試合に登板し、リーグ最多タイの4勝。4試合とも2桁奪三振をマークし、6月1日に達成した7試合連続のプロ野球新記録につなげた。レアードは4打数連続本塁打などリーグ最多タイの10本塁打を放った。