「京の台所」に食文化体験施設 来年1月、飲食店や教室

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「京都錦市場斗米庵」の完成予想図

 「京の台所」として知られる観光名所、錦市場(京都市中京区)に、レストランや料理教室など、食文化を体験できる施設「京都錦市場斗米庵」が来年1月にもオープンする。京都文化協会などが7日発表した。

 築100年以上の木造2階建てを総事業費約1億円で全面改修。町家風の外観で、1階に料理店「祇園さゝ木」店主の佐々木浩さんが監修するレストランが入り、2階では料理教室などを開く。「斗米庵」は錦市場に生家があった江戸時代の絵師伊藤若冲の別号にちなんだ。

 料理人と一緒に錦市場を歩いて食材を仕入れ、コース料理を作ってもらい味わう取り組みもある。