4月の景気指数、9年ぶり高水準 自動車、スマホ用部品好調

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 景気動向指数の推移

 内閣府が7日発表した4月の景気動向指数(2010年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比3・3ポイント上昇して117・7となり、08年2月以来、9年2カ月ぶりの高水準となった。自動車やスマートフォン用電子部品などの生産が好調で一致指数は2カ月ぶりに改善した。

 大型連休前に生産を前倒しする動きがあったことも影響し、前月比の上昇幅は1989年3月以来、28年1カ月ぶりの大きさだった。内閣府は基調判断を「改善を示している」で据え置いた。

 一致指数を構成する指標のうち、鉱工業生産指数や鉱工業用生産財出荷指数など6指標が改善した。