福岡・母子殺害、練炭置き偽装か 遺体の頭に燃えかす

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 母子3人の遺体が見つかった住宅で現場検証する福岡県警の捜査員=7日午後、福岡県小郡市

 福岡県小郡市の住宅で殺害された母子3人の遺体が見つかった事件で、1階台所で倒れていた母親の中田由紀子さん(38)の頭部に、何かの燃えかすのようなものが付着していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、犯人が無理心中を装うため、すぐそばに練炭のようなものを置いたとみて調べている。

 県警によると、6日午前9時20分ごろ、近くに住む中田さんの姉が訪ね、「妹が自殺している」と110番した。犯人は殺害後、練炭のようなものに火を付け、発見者が自殺と勘違いするような工作がされていたとみられる。

 中田さんは子ども2人と県警警察官の夫(38)の4人暮らし。