守秘義務違反ない―菅氏 前文科次官の辞任巡り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 菅義偉官房長官は7日の衆院内閣委員会で、文部科学省の天下り問題を受けて前川喜平前事務次官が辞任した経緯を国会答弁や記者会見で説明したのは守秘義務違反に当たらないとの認識を示した。「(前川氏の説明が)承知している事実と違っているから、事実に基づいて話した」と述べた。学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、野党議員が追及したのに答えた。

 菅氏によると、文科省の組織的天下り問題への対応に関して前川氏が「定年期限の3月まで続けさせてほしい」と要望したが、杉田和博官房副長官が「事務方トップが責任を取ることを前提に議論しなければいけない」と指摘した。