ミャンマー軍の輸送機が墜落か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍によると、兵士ら計120人を乗せて南部の地方都市ミエイから最大都市ヤンゴンに向かっていた国軍の輸送機が7日午後1時35分(日本時間同4時5分)ごろ、消息を絶った。地元メディアは、機体の一部が同国南部沖合のアンダマン海の海上で見つかったと伝えた。墜落した可能性が高いとみて、国軍が周辺を捜索している。

 国軍によると、輸送機には兵士や家族ら106人と乗組員14人が搭乗し、2・4トンの貨物を積んでいた。ミエイの基地を離陸してから約30分後、北西に向かう海上を高度5500メートルで飛行中、音信が途絶えたという。