中核派、大坂容疑者を記号で示す 生存発覚を警戒か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 1971年の渋谷暴動事件を巡り、殺人容疑などで再逮捕された過激派「中核派」の活動家大坂正明容疑者(67)について、逃走を支援していたとみられる中核派が記号で示していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部が中核派の非公然アジトで押収した複数の暗号文書に同じ記号が書かれていた。

 捜査当局による家宅捜索などで文書が押収されても、大坂容疑者の存在を発覚させない狙いがあったとみられる。過激派が使うことが多いコードネーム(別名)でもないことから、強い警戒ぶりがうかがえる。