米ロス、五輪招致で譲歩示唆 声明発表、28年開催容認か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ロサンゼルス共同】国際オリンピック委員会(IOC)が2024年夏季五輪招致を争う米ロサンゼルスとパリを24年と28年の2大会に振り分ける異例の措置を検討している中、ロサンゼルス招致委員会のワッサーマン委員長は7日、24年大会をパリに譲り、28年五輪を開催する案の容認を示唆する声明を発表した。IOCは9日の臨時理事会で、2大会同時決定の是非について協議する。

 ワッサーマン委員長は声明で、これまで「ロサンゼルスが一番だ」「今(24年)でなければ二度とない」などと24年五輪に固執する主張はしてこなかったと強調した。