USJ、マリオの新エリア着工

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大阪市のUSJで開かれた「SUPER NINTENDO WORLD」の着工式=8日午前

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は8日、任天堂の人気ゲームキャラクター「マリオ」などが登場する新エリア「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」の着工式を開いた。

 東京五輪が開催される2020年夏までの開業を目指す。USJは同日、新エリアに乗り物型の「マリオカート」のアトラクションなどを導入し、投資額は600億円を超えると発表。USJの単一エリアとしては過去最大規模の投資となる。

 着工式では、任天堂のゲームの世界を再現した舞台上に着ぐるみのマリオが土管から登場した。