4月の経常黒字、1・9兆円 10年ぶり高水準

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 財務省が8日発表した4月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は前年同月比7・5%増の1兆9519億円の黒字だった。日本を訪れる外国人旅行者や海外子会社からの配当金の増加が主な要因。4月としては、リーマン・ショック前の2007年に1兆9601億円となって以来10年ぶりの高水準で、比較可能な1985年以降で2番目の大きさとなった。

 経常収支の黒字幅の拡大は2カ月ぶりで、黒字は34カ月連続。このうち輸出から輸入を差し引いた貿易収支は5536億円の黒字だった。