千葉の強殺事件、二審も無期 東京高裁、18歳女性生き埋め

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2015年4月、女性が生き埋めにされた現場=千葉県芝山町

 千葉県で2015年4月、同県船橋市の当時18歳の女性を生き埋めにして殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた無職中野翔太被告(22)の控訴審判決で、東京高裁(大熊一之裁判長)は8日、求刑通り無期懲役とした一審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 判決によると、15年4月19日深夜、知人の井出裕輝被告(22)=一審で無期懲役、控訴=らと共謀し、千葉市の路上で女性を乗用車で連れ去り、財布などを強奪。翌20日未明、同県芝山町の畑に女性を埋めて殺害した。中野被告が穴を掘り、女性に土をかぶせるなどしていた。